数ある料理・レシピ本をレビューする

多くの出版社から出ているレシピ本。それらを分類・レビューし使えるレビュー本を紹介する

みょうが・大葉・しょうが・ねぎ・にんにくが主役の105レシピ 薬味の魔法  著者:平尾由希  評価:★2

 

みょうが・大葉・しょうが・ねぎ・にんにくが主役の105レシピ 薬味の魔法

みょうが・大葉・しょうが・ねぎ・にんにくが主役の105レシピ 薬味の魔法

 

 入れるだけでいつものお料理がおいしく大変身! 薬味には殺菌、抗菌作用、食欲増進、整腸作用、美肌など驚きの効果がいっぱい! 

■薬味のおいしい食べ方をもっと知ってほしいと考えた、目から鱗の薬味が主役の絶品103レシピを一挙紹介。

■薬味別レシピと薬味を使ったつくりおき調味料、ドリンク、スイーツレシピ、地方で出会った郷土食に薬味を加えたアレンジレシピ、いろいろな国の料理とも組み合わせたレシピを紹介。

■薬味の魔法で、味や香りを楽しみ、季節や旬を感じ、身体の中からきれいに! 

■内容
◆みょうが・みょうがと鮭の焼き浸し 他
◆大葉・大葉の梅ささみ春巻き 他
◆魔法のミックス薬味レシピ・ミックス薬味と鶏ハムのカナッペ 他
◆しょうが・あさりしょうがご飯 他
◆山椒・木の芽・豚こま肉の山椒揚げ 他
◆ねぎ・一本ねぎメンチカツ・全部ねぎサラダ 他
◆にんにく・ごろごろにんにくのミニグラタン 他
◆柑橘・厚切り大根の大根ステーキ 柚子バター風味 他
◆各薬味の効能、選び方、下ごしらえ、切り方、保存方法
◆薬味グッズあれこれ
◆材料 など

 

 

【この本の紹介】

「みょうが・大葉・しょうが・ねぎ・にんにくが主役の105レシピ」の画像検索結果

 

 まさかの薬味主役のレシピ本。ネギやしょうが・にんにくなどの薬味は脂肪燃焼・血糖値改善などに効果のある健康食品として注目されています。

みょうがにはいくつかの成分が含まれており、それぞれの成分によって効果はさまざまです。そこで、みょうがの中にある成分とその効果についてご説明いたします。

 

✅ アルファーピネン…大脳皮質に働き、眠気を覚まして頭を冴えさせます。その他、食欲増進や消化促進、血行を促進し新陳代謝をあげ、血液をさらさらにしてくれますので、夏バテにも効果的。

✅ カンフェン…抗炎、抗菌作用により、口内炎や舌炎または風邪によるのどの痛みに効く。

✅ ゲラニオール…鎮静、鎮痛作用により、解熱作用や頭痛に。

✅ ミョウガジアール…アルファーピネンと同じく、血行をよくする。

✅ アントシアニン…抗酸化作用や結膜炎などの眼病予防、眼精疲労の予防にも効果あり。

✅ カリウム…血圧を下げる効果があるので、高血圧の改善や予防の他、解毒作用もありデトックスやダイエットにも良いと言われている。

みょうがの栄養に驚き【6つの効能や保存方法を徹底解説!】 | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

 

 一方で薬味となると上に乗せる程度で、なかなか量を使えず腐らせてしまうことも。そんな人たちへ、薬味が主役のレシピ本となります。

 

【この本の欠点】

 薬味の種類によって主役であったり、本来のサブとしての薬味の使われ方しか無いものもあり、落差がひじょうに大きいです。みょうがなどは掻揚げ、きんぴら、サラダなどメインとして輝いていますが、大葉は刻んで上に乗せる、間に挟むといった、本来の大葉の用途でしか使われていないものもあり、柑橘類なども刻んで上に乗せる程度です。

 みょうがやネギ・にんにく・しょうがはメインとして使われていますが、大葉・柑橘類は知っている以上のレシピはないです。

 

【総評】

 期待していたほど使われていないといったものが正直な感想でした。しょうがにジンジャーエールレシピあるのに大葉にシソジュースのレシピが無いあたり、痒いところに手が届かないレシピ本でした。

 

【この本が向いている人】

①みょうが・しょうが・ネギ・にんにくメインのレシピが欲しい人

 

【この本が向いていない人】

①大葉・柑橘類レシピが欲しい人