数ある料理・レシピ本をレビューする

多くの出版社から出ているレシピ本。それらを分類・レビューし使えるレビュー本を紹介する

いつもの材料でおいしい和えもの 忙しい人でもすぐに作れる 著者:大原千鶴 評価:★4

 

忙しい人でもすぐに作れる いつもの材料でおいしい和えもの

忙しい人でもすぐに作れる いつもの材料でおいしい和えもの

 

 「あえものは、時短でかんたん
組み合わせも、自由自在」

あえものは、混ぜた調味料と食材をあえるだけで、かんたんにおいしく味が決まる
忙しい女性にこそ、重宝する料理です。
本書では、身近な食材&調味料をさっと和えるだけでかんたんに出来上がる
あえものレシピを多数紹介しています。

野菜だけでなく、肉や魚、豆腐など、素材の組み合わせも多彩なので
副菜はもちろん、主菜やおつまみにも使えて毎日の献立づくりに役立ちます。

テレビや雑誌などで活躍中の人気料理家・大原千鶴のセンスが光る、
美しくてとびきりおいしい和えものレシピ。

◎第1章 すぐできて、毎日食べたいおいしさ 基本のあえもの
ごまあえ/白あえ/甘酢あえ/三杯酢あえ/ごま酢あえ/おかかじょうゆあえ ほか

◎第2章 ごはんのおかず、おもてなしにもなる 主菜あえもの
えび、ブロッコリー、じゃがいものにんにくバターソースあえ/牛肉とトマトのポン酢あえ ほか

◎第3章 さっと作れて気がきいたおいしさ おつまみあえもの
豆腐とオクラのなめたけあえ/鶏皮焼たん ゆずこしょうあえ ほか

◎第4章 手軽なお昼ごはんや遅い晩ごはんに あえるだけのごはん・麵
豆腐としば漬けのあえごはん/焼き鮭と奈良漬けのあえごはん/天かすと桜えびのあえごはん

 

【この本の紹介】


 和えものに特化したレシピ本。和えもののメリットは手間が少ないため時短ができること。そして行程が少なく調味料入れて焦げないように混ぜてまた別の調味料を入れてといった、矢継ぎ早に作業が求められることがなく、初心者でも作りやすいことです。
 和えものと聞くと副菜をイメージすると思いますが主菜もあります。ただ主菜の場合は材料を焼く・揚げるなどの行程があり、味付けを和えることで完了するといったレシピになるため、「和えるだけでおかずができる❗️」とはならないのでお気をつけください。

 ちなみに各章は以下の通りです

1章:このソースを絡めれば完成。たれ・ソースレシピと派生レシピ 31レシピ

2章:焼いたり揚げたりが必要。だけど味付けは和えるだけ。主菜レシピ 14レシピ

3章:塩っけがあるものが多いおつまみレシピ  15レシピ

4章:ご飯・麺類和え物レシピ  6レシピ

 

【この本の欠点】

 各章ごとのレシピ集を見て分かるとおり、炭水化物系和え物が少ないです。また全体のレシピ数は70程度と少ないです。

 それと1章・3章は副菜カテゴリの料理のため、主菜レシピは2章のみ。おかずが欲しい人には向いていません

 それと和え物であるため汁物は皆無です。デザートもありません。

 

【この本が向いている人】

・和え物レシピが欲しい人

・手間が少ないレシピが欲しい人

・不器用で矢継ぎ早に行程を消化するのが苦手な人

・初めて料理に挑戦する人

 

 【この本が向いていない人】

・主菜レシピを豊富に欲しい人

・汁物・デザートが欲しい人