数ある料理・レシピ本をレビューする

多くの出版社から出ているレシピ本。それらを分類・レビューし使えるレビュー本を紹介する

365日のサラダ 著者:金丸 絵里加 評価:★2

 

365日のサラダ

365日のサラダ

 

 

健康のためにも毎日野菜を食べたい。サラダのバリエーションがたくさんあったらうれしい! と思っている方へ、野菜の種類や味がついワンパターンになりがちなとき、365日365のおいしいサラダレシピを紹介。
素材別サラダの章では新鮮野菜の選び方や栄養、切り方、下ごしらえ、保存方法などの情報付きのレシピバリエーションで旬の野菜をたっぷり。
和食に合うサラダ、中華に合うサラダ・・・などのマークつきで、献立を考えるときに役立ちとても便利。
他ダイエットにオススメしたいヘルシーサラダ、お肉などをプラスしたボリューム満点おかずサラダ、忙しいときにうれしい作りおきサラダ、缶詰を使った簡単サラダ、かけるだけで味がワンランクアップするドレッシングなどを紹介しています。
キッチンの片隅において、毎日のサラダ作りにどうぞご活用ください!

 

【この本の紹介】

「365日のサラダ」の画像検索結果

 

 

 サラダレシピに特化したレシピ本。野菜副菜レシピのみが掲載されており、一品だけを使った手軽なものから豪華な見た目のものまで取り揃えたレシピ集となっています。

 

【この本の欠点】

 サラダ本と書かれていますが、どうみてもサラダじゃないレシピが混ざってます。

「ネギの焼きびたしサラダ」というのがありましたが、どうみてもただの焼きびたしですし、人参のグラッセのパセリサラダというのは、グラッセに刻みパセリ載せたものでした。「それをサラダというのは無理があるだろ!!!」なものが全体の2~3割です。

 そのためサラダレシピでなく、野菜の副菜レシピとしてみればそれなりに使えます。

 また多くの種類の野菜を扱っているためか、野菜ごとののレシピ数は4~5個しかありません。

【総評】

 数の割りに実用性に欠ける本という印象を受けました。そうまでしてサラダレシピにこだわりたかったのか。素直に365日ベジタブルにでもすればよかったのに・・・

 

【この本が向いている人】

①野菜の副菜レシピが欲しい人

【この本が向いていない人】

①特定の野菜について数多くのレシピがほしい人

②汁物レシピが欲しい人

使える豆腐レシピ 著者:笠原将弘,和知徹,小林武志,金順子  評価:★4

 

使える豆腐レシピ -豆腐・油揚げ・高野豆腐・湯葉・おから・豆乳で作る。毎日食べたい和・洋・中・韓116品-

使える豆腐レシピ -豆腐・油揚げ・高野豆腐・湯葉・おから・豆乳で作る。毎日食べたい和・洋・中・韓116品-

 

 老若男女に好まれる安心できるおいしさに加え、ヘルシーなイメージや価格の安さから、家庭でも居酒屋などの飲食店でも人気の豆腐、およびその関連製品。身近で使い慣れた素材だけに、料理の幅が広がらず、いつも決まった使い方になりがちでもある。新しいメニューのアイデアを探すなら、ぜひ本書をご覧いただきたい。豆腐料理の豊富な和食と中華に加え、韓国料理とフレンチのシェフにもユニークな料理を多数ご紹介いただいている。知らなかったおいしさや、意外な味の組み合わせなど、メニューのヒントになる新たな発見があるかもしれない。

 

 

【この本の紹介】

 

f:id:okimono:20171011224855p:plain

笠原 将弘 , 和知 徹 , 小林 武志 , 金 順子 の4人の料理人による豆腐・大豆加工品を使ったレシピ集。

豆腐類は昔から健康・ダイエット食品として挙がりますが、一方でレシピが少なく、特に主菜類が少ないのが現状です。ただダイエットのためには主菜を豆腐類に置き換えられることが理想であり、そのためのレシピ本となります。

f:id:okimono:20171011224602p:plain

 副菜のはもちろん、中華系の豆腐の揚げ物や練り加工など、しっかりとした味付けのおかずレシピも多く取り揃えられています。

  

【この本の欠点】

 なぜ絹ごしと木綿を分けなかったのか、それに尽きます。豆腐レシピのメインに材料にあたるこの二つはレシピ全体の半分を締めています。

にもかかわらずこの二つを使ったレシピは分けられておらずごちゃごちゃになっているため、この点は非常に残念です

 

【総評】

豆腐よりも大豆加工品レシピのほうがおもしろいレシピが多く、そっち目的で買う方が満足できると思います。

 

【この本が向いている人

①大豆加工品レシピが知りたい人

②健康・ダイエットレシピが知りたい人

③和食以外の豆腐類レシピが知りたい人

 

【この本が向いていない人】

特に無し

 

みょうが・大葉・しょうが・ねぎ・にんにくが主役の105レシピ 薬味の魔法  著者:平尾由希  評価:★2

 

みょうが・大葉・しょうが・ねぎ・にんにくが主役の105レシピ 薬味の魔法

みょうが・大葉・しょうが・ねぎ・にんにくが主役の105レシピ 薬味の魔法

 

 入れるだけでいつものお料理がおいしく大変身! 薬味には殺菌、抗菌作用、食欲増進、整腸作用、美肌など驚きの効果がいっぱい! 

■薬味のおいしい食べ方をもっと知ってほしいと考えた、目から鱗の薬味が主役の絶品103レシピを一挙紹介。

■薬味別レシピと薬味を使ったつくりおき調味料、ドリンク、スイーツレシピ、地方で出会った郷土食に薬味を加えたアレンジレシピ、いろいろな国の料理とも組み合わせたレシピを紹介。

■薬味の魔法で、味や香りを楽しみ、季節や旬を感じ、身体の中からきれいに! 

■内容
◆みょうが・みょうがと鮭の焼き浸し 他
◆大葉・大葉の梅ささみ春巻き 他
◆魔法のミックス薬味レシピ・ミックス薬味と鶏ハムのカナッペ 他
◆しょうが・あさりしょうがご飯 他
◆山椒・木の芽・豚こま肉の山椒揚げ 他
◆ねぎ・一本ねぎメンチカツ・全部ねぎサラダ 他
◆にんにく・ごろごろにんにくのミニグラタン 他
◆柑橘・厚切り大根の大根ステーキ 柚子バター風味 他
◆各薬味の効能、選び方、下ごしらえ、切り方、保存方法
◆薬味グッズあれこれ
◆材料 など

 

 

【この本の紹介】

「みょうが・大葉・しょうが・ねぎ・にんにくが主役の105レシピ」の画像検索結果

 

 まさかの薬味主役のレシピ本。ネギやしょうが・にんにくなどの薬味は脂肪燃焼・血糖値改善などに効果のある健康食品として注目されています。

みょうがにはいくつかの成分が含まれており、それぞれの成分によって効果はさまざまです。そこで、みょうがの中にある成分とその効果についてご説明いたします。

 

✅ アルファーピネン…大脳皮質に働き、眠気を覚まして頭を冴えさせます。その他、食欲増進や消化促進、血行を促進し新陳代謝をあげ、血液をさらさらにしてくれますので、夏バテにも効果的。

✅ カンフェン…抗炎、抗菌作用により、口内炎や舌炎または風邪によるのどの痛みに効く。

✅ ゲラニオール…鎮静、鎮痛作用により、解熱作用や頭痛に。

✅ ミョウガジアール…アルファーピネンと同じく、血行をよくする。

✅ アントシアニン…抗酸化作用や結膜炎などの眼病予防、眼精疲労の予防にも効果あり。

✅ カリウム…血圧を下げる効果があるので、高血圧の改善や予防の他、解毒作用もありデトックスやダイエットにも良いと言われている。

みょうがの栄養に驚き【6つの効能や保存方法を徹底解説!】 | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

 

 一方で薬味となると上に乗せる程度で、なかなか量を使えず腐らせてしまうことも。そんな人たちへ、薬味が主役のレシピ本となります。

 

【この本の欠点】

 薬味の種類によって主役であったり、本来のサブとしての薬味の使われ方しか無いものもあり、落差がひじょうに大きいです。みょうがなどは掻揚げ、きんぴら、サラダなどメインとして輝いていますが、大葉は刻んで上に乗せる、間に挟むといった、本来の大葉の用途でしか使われていないものもあり、柑橘類なども刻んで上に乗せる程度です。

 みょうがやネギ・にんにく・しょうがはメインとして使われていますが、大葉・柑橘類は知っている以上のレシピはないです。

 

【総評】

 期待していたほど使われていないといったものが正直な感想でした。しょうがにジンジャーエールレシピあるのに大葉にシソジュースのレシピが無いあたり、痒いところに手が届かないレシピ本でした。

 

【この本が向いている人】

①みょうが・しょうが・ネギ・にんにくメインのレシピが欲しい人

 

【この本が向いていない人】

①大葉・柑橘類レシピが欲しい人

和中華  著者:堤 人美 評価:★3

 

和中華

和中華

 

 みそやしょうゆなどの身近な調味料や食材で手軽に作れる、おうち中華の決定版。
白いご飯はもちろん、お味噌汁にもあう、毎日の食卓になじむメニューばかりです。
中華鍋などの専門の調理器具はもちろん、たっぷりの油や強烈なニンニク、めったに使わない調味料なんか、もう必要ありません!
餃子、春巻き、麻婆豆腐などの王道人気レシピから、
時間がない日にもうれしい、絶品炒め物や簡単副菜、スープ、麺、丼まで盛りだくさん!

「レシピ本大賞2016」に入賞した大人気の料理研究家・堤人美さんの“手軽”で“おいしい”が詰まった1冊です。

目次より抜粋
1章 みんな大好き! 新定番〝和中華おかず”
牛肉とわけぎの麻婆豆腐/フレッシュトマトのえびチリ/からし鶏/キャベツと豚肉の回鍋肉風/春雨ときくらげの中華煮込/肉だんごと白菜の中華とろとろ煮/ふんわりかに玉/レモン酢豚/肉あんいり中華茶碗蒸し/八宝菜 など
●やっぱり、大好き! 春巻き、餃子、シューマイ、ワンタン!
れんこんと豚肉、ザーサイの春巻き/アボカドと大葉のひと口春巻き/焼き大葉餃子/春菊と炒り卵の水餃子/ほたてのふわふわシューマイ/香味だしのワンタンスープ など

2章 炒めるだけ! 絶品”和中華おかず”
青菜炒め/もやしの塩炒め/新じゃがと牛肉の黒こしょう炒め/ぶりの豆板醤ポン酢漬け/鶏肉とセロリのみょうが酢炒め/さつまいもと牛肉のオイスターきんぴら/厚揚げと万願寺とうがらしのごま炒め/豚肉と九条ねぎの香味炒め/いかとブロッコリーの塩レモン炒め など

みんなで食べたい、おもてなし“和中華”
「きんきの姿蒸し」献立 きんきの姿蒸し/里いものから揚げ/高菜と干し海老の豆腐
「台湾風白菜鍋」献立 台湾風白菜鍋/あさりとクレソンの蒸しもの/きゅうりのからししょうゆ和え

3章 ボリューム満点 満腹“和中華ごはん・めん”
海鮮五穀中華粥/あんかけ粥/ふんわり卵丼/チャーシューとねぎの焦がしじょうゆチャーハン/春菊と干もののサラダごはん/枝豆と豚バラのそうめん/ほたてとクレソンの辛味焼きそば/ささみ汁めん/和風香味野菜とナッツのビーフン など

4章 さくっと作れる! 簡単“和中華副菜・スープ”
たこのごま油和え/いんげんの中華風ごま和え/豆苗炒め/大根とりんごのなます/みそそぼろサラダ/ゆでレタスのオイスターソースがけ/わかめと海鮮の中華風和えもの/卵豆腐とモロヘイヤのしょうがスープ/かぶのすりながし/きのこのたっぷりサンラータン/薬味スープ など

新しいおいしさに出合う! とっておき“和中華”スイーツ
ココナッツミルク入り豆腐白玉/ほうじ茶フルーツマリネ/みかんのシロップ煮/白ごまブラマンジェ

 

 

【この本の紹介】

f:id:okimono:20170924170118p:plain

 中華料理となるとテンメンジャン・紹興酒・山椒などあまり使わない材料を使うレシピが多く、どうしても新たに買い揃えないといけないことが多いですが、そんな悩みに答えたのがこのレシピ本。

「和中華 堤人美」の画像検索結果

 和食で使う調味料で中華を作ろう!というものとなっていますが、「あれ?それってつまり和食と中華どっちなんだ?」という疑問が沸くと思いますがつまるところ「中華風和食料理」と思ってください。中華材料は使っても豆板醤程度なので、どうしても本格中華には味は劣ると思います。

 ただ中華よりもあっさりとした味付けになるため中華の油強めの味付けが苦手な人にはお勧めの本です。

 

【この本の欠点】

 

「和中華 堤人美」の画像検索結果

 あくまで中華風であるため「あの濃い目の味付けじゃないと嫌だ!」という人は不向きであり、あっさりであるため子ども受けは悪いかもしれません。

 そもそもレシピの中には「これ中華関係ないただの和食じゃあ・・・」というものもあります。中華料理が欲しい人よりも、あくまで和食料理が欲しい方向けかもしれません。

【総評】

 純粋に「すべての中華料理を和食調味料で作れる!」と思って手にとると物足りないものがあると思いますので、和食のレパートリーを広げたい人にこそお勧めのものだと思います。

 

【この本が向いている人】

①中華料理の濃い目の味付けが苦手な人

②家にある材料で作りたい人

③和食のレパートリーを増やしたい人

【この本が向いていない人】

①味は変わらず和食調味料で作りたいと思っている人

はじめてでもおいしく作れる魚料理 著者:笠原将弘 評価:★5

 

教えて!   笠原さん はじめてでもおいしく作れる魚料理

教えて! 笠原さん はじめてでもおいしく作れる魚料理

 

 

 ぶりの照り焼きやさばのみそ煮などの定番の魚料理から、
洋風、中華、エスニックまで、手軽に作れる“笠原流"の絶品魚料理を紹介します。

難しいプロセスは一切なし。フライパンひとつで作れるレシピも多数あります! 
「切り身」や「刺身」を多用するので、初心者でも安心です。

もちろん、魚のさばき方などの基本もバッチリ! 
今まで魚料理を避けていた人も、これがあれば大丈夫! 

焼く、煮る、揚げるなどの調理法別のポイントもよくわかるので
毎日の献立づくりに大活躍です!

 

【この本の紹介】

 

 昨今では魚の消費量が減少していますが、一方で生活習慣病改善に魚料理が奨励されています。しかし魚料理というと手間がかかる、内臓の処理が面倒など初心者が嫌がる要素だらけ・・・そんな人向けに出版されたのがこの本となります。

「教えて! 笠原さん はじめてでもおいしく作れる魚料理」の画像検索結果

 

 最初に照り焼き→ソテー→味噌煮→小魚の煮物→フライと、魚料理の基本となる調理法がポイントを踏まえながら丁寧に説明されています。まずは一章で魚料理の基本を覚えてからそれぞれのレシピに行きましょう、という流れになっています。それと切り身を使うことが前提であるため、「魚をさばくの難しい・・・」という人にも問題ないものにもなっています。もちろん魚の裁き方や干物の作り方、各調理法ごとの気をつけることが挙げられており、本格的に挑んでいきたい人にもお勧めです。

 

「教えて! 笠原さん はじめてでもおいしく作れる魚料理」の画像検索結果

 

 それが終わると今度は刺身を使った火を使わない料理、そして焼く、煮る、炒める、揚げる、蒸す、といったレシピが順次紹介されていくことになります。

 

「笠原将弘」の画像検索結果

 ちなみにこの本の著者である笠原さんは、有名な料理店「賛否両論」の店主で皆様もテレビで見たことがあると思います。そのため紹介されている料理も彩りを意識した料理が多く、おかずだけでなく酒のつまみになりそうなものも多く紹介されています。

 また初心者向けながら結構なアレンジレシピも掲載されており、魚レシピが欲しい人にもお勧めです。

【この本の欠点】

f:id:okimono:20170924162304p:plain

 

 全体的に汁気が多いレシピが多いため、お弁当用レシピとしては不向きなものが多いです。汁気がなさそうな焼き、炒め類でも汁気があるレシピがあるくらいですので。

 それと魚レシピオンリーですが、イカやタコ、エビ類なども少ないです。魚が全体の6割、残りが貝やイカ、エビなどその他となっています。

 それと初心者向けですが、魚の下処理の説明があるのはイワシや鯵くらいで、イカやタコや二枚貝、そして白身魚などの下処理方法はありません。魚介類全般の下処理方法が知りたいのなら、別の本をお勧めします。

【総評】

 魚介類レシピ本としては初心者にも中級者にもお勧め。魚料理がやりたいなら最初に手に取る本としてお勧めです。ただし裁き方は最低限なのでその辺りが知りたいなら別の本で補完してください。

 

【この本が向いている人】

①初めて魚料理をする人

②魚レシピが欲しい人

【この本が向いていない人】

①弁当向けレシピが欲しい人

②魚の裁き方を詳しく知りたい人

村上レンチン食堂の「15分で2品」定食  著者:村上洋子  評価:★3

 

村上レンチン食堂の「15分で2品」定食 (講談社のお料理BOOK)

村上レンチン食堂の「15分で2品」定食 (講談社のお料理BOOK)

 

 この本は……
■すべて電子レンジで作れます(鍋・フライパンはいっさい不要)
■2品が下ごしらえ込みでだいたい15分で完成します。
■2品は一汁一菜だったり、主菜と副菜だったり。それにごはんを足せば1食完成の定食仕立て。
■レンチン2菜だけで1食分完成のメニューもあります。
■1人分の材料と作り方になっています。
(作りたい人数で倍にしていけば良いので便利です)
■季節を感じる旬の食材を使って、春夏秋冬それぞれ1週間のメニューになっています。
■1週間の中で買ったものはなるべく使いきるよう使い回しの工夫をしています。
■巻末では、電子レンジでこんなことまで?とビックリするような面白い使い方をたくさん提案しています

たとえば…
浸水時間なしでご飯がおいしくすぐ炊ける、魚が焼ける、豆乳ヨーグルトを短時間で作れる、ピザやフォカッチャが生地から発酵時間なしですぐできる、ジャムが作れる、半端なあまり野菜をなんでも入れて健康副菜が2分でできるetc...

 

 

【この本の紹介】

「村上レンチン食堂の「15分で2品」定食」の画像検索結果

 

 

 各ページで主菜と副菜・スープの2品の定食形式で作ることを奨励したレシピ本。そのすべてを電子レンジでのみ作っており、一人暮らしの時間がない方向けでもあるためすべてのレシピが一人前で掲載されています。掲載量は定食セットで約30程度。和から洋、中華まで幅広く掲載されていおり、エビマヨや鍋、魚の煮物など電子レンジで作るには難しそうなものを手軽に作れるものとして掲載されています。

 売りとしては「電子レンジのみで済むため時短が出来る」「調味料、油を使わない分減塩低カロリー」「一人分でも簡単に作れるので一人暮らしの人にもぴったり」です。

 

f:id:okimono:20170923142950p:plain

 また主菜だけでなくドライカレーやバターライス、チャーハンなども電子レンジレシピとして掲載。それこそ主食・主菜・汁物・小鉢すべてを電子レンジで作ることも出来ます。さすがに電気代がやばそうですが。

 

f:id:okimono:20170923143812p:plain

 掲載されている主菜レシピの大半は使われる材料が1~2種類程度であるためきちんと副菜も用意しないと野菜類が不足します。それと魚類は煮物レシピが大半となっています。煮魚以外の魚レシピが欲しい人はあまり向いていません。

 

 【総評】

「村上レンチン食堂の「15分で2品」定食」の画像検索結果

 

 まだ料理に慣れていない人が料理がまだ上手く作れなくて1品辺りに時間がかかる、でも栄養の偏りは嫌だ、という人向けにレンジでもう一品作るといった形が理想です。また減塩・低カロリーなので健康診断で改善が求められた人にもお勧めです。

 

 【この本が向いていない人】

①減塩・低カロリーレシピが欲しい人

②あまり手間をかけず料理をしたい人

 

 【この本が向いていない人】

①魚類で多種多様なレシピが欲しい人

②多くの材料を使ったレシピが欲しい人

凍り野菜レシピ 著者:是友 麻希 評価:★2

 

うま味凝縮 塩分控えめ さらに時短!  凍り野菜レシピ

うま味凝縮 塩分控えめ さらに時短! 凍り野菜レシピ

 

 

うま味たっぷりなのに
1レシピ平均約 塩分1グラム! (小さじ1/5)の
驚きの調理法!

野菜を凍らせてつくると…
●うま味たっぷりのトマトソースもたった5分!
●30分以上かかるあめ色玉ねぎも、なんと6分!
●ぶり大根の塩分は通常の1/2!

うま味凝縮=おいしい!
塩分控えめ=体にやさしい!
さらに時短! =忙しい人方に!
そして
野菜の値段が安いときに、
買って冷凍しておけば=節約にもなる!
いいこと盛りだくさんの、凍り野菜レシピ集です。

 

 

【この本の紹介】

 

f:id:okimono:20170918213441j:plain

 

 「凍らせることで水分が抜けて旨み凝縮、さらに時間短縮、さらに水分が抜けることで味が染みこみやすくなり調味料を減らせて塩分控えめ」を謳ったレシピ本。冷凍野菜ときくとナスやブロッコリー、ほうれん草あたりが連想されますが、ここではトマトやピーマン、キノコ類などあまり冷凍イメージがないものも冷凍野菜として扱われています。

 ただ書かれていることであまりピンとこなかったため、実際に試してみることにしました。

 条件としてはタマネギを二等分にし、一方はラップで包むそのまま野菜室へ。もう一方はラップで包み半日冷凍。さらに常温で解凍しました。

 解凍してまずわかったのは組織が壊れたのか柔らかくなっていました。その後書籍内に紹介されてる「タマネギの丸ごとグラタン」を使いオーブンで両方を10分調理。それが下の画像です。

 

f:id:okimono:20170918212742j:plain

 左が野菜室で右が解凍したもの。色合いはあまり変わっていませんでしたが、食べてみたその差がはっきりしていました。

 まず通常保存・外側は柔らかいですが、中の芯辺りになると「ガリッ」という固い食感を感じました。火は通っていますが少し苦味も感じられ、もう少し加熱が必要でした。

 一方で右の解凍タマネギ。芯まで柔らかくなっており、火を通したことで感じられるタマネギの甘みも強く感じられました。

 ちなみにこの二つ。実は解凍タマネギは上手く二つに切るのを失敗して右の方が厚みがあります。つまり厚みがあるにもかかわらず右が柔らかかったのです。

 味が染みこみ部分については味付けがシンプルなのであまり実感できず。ただ時間短縮・旨み凝縮の部分では冷凍タマネギの効果が発揮されていました。

 

 

f:id:okimono:20170918213803g:plain引用:国民生活センター

 

 ちなみに野菜冷凍で不安視される栄養が壊れることについてですが、早めに冷凍することで冷凍で失われる栄養よりも鮮度が失われて流れる栄養が多く、そもそも冷凍はいうほど栄養は失われていないという調査も出ているため、栄養面もあまり心配ないでしょう。

【この本の欠点】

f:id:okimono:20170918213422p:plain

 この本は冷凍野菜の保存方法や効果を説明した本のため、レシピ自体は各野菜で1~2個程度。また冷凍すると変色、形が崩れる野菜もあるためか生のまま食べるレシピは少なく、大半が熱調理していました。掲載されているレシピも使い勝手のよいものではなく、レシピ本としては物足りないものになっています。

 

【総評】

 レシピ本としては駄目ですが、このような野菜の活かし方があると学ぶレシピとしてはお勧めです。前に紹介した「揚げない揚物」のような、調理法本と考えたがよいでしょう。

 

【この本が向いている人】

①野菜を使いきれず腐らせることが多い人

②時間短縮料理を目指している人

 

【この本が向いていない人】

①生野菜レシピが欲しい人

②たくさんのレシピが欲しい人